採用情報新卒

職種ごとにスケジュール、提出書類、選考内容が異なります。詳しくはお問い合わせください。

― 社長メッセージ ―設立から今日までマグロひとすじ

日本の食文化を支える伝統食材、それがマグロです。今では和食がユネスコ無形文化遺産に登録されるなど世界レベルで食されるようになりました。急速な需要拡大のなか一口でマグロといっても様々な種類や品質のものが流通しています。だからこそ、八洲はその発信源である日本において、日本船籍漁船により漁獲された天然のマグロにこだわり続けることに意味があると考えています。
このような環境の変化にともなって我々とお客様とのかかわり方も多様化してきています。以前の成功体験が今後も通じるとは限りませんが、他方これは八洲にとってチャンスでもあります。伝統的な食材であるマグロが新しいビジネスや需要を呼び覚ます、この変化に柔軟かつ積極的に対応するために多様な人材を求めています。あなたのアイデアとわたしたちの思いを結びつけて、一緒にマグロの食文化を守りそして発信していきましょう。

八洲水産株式会社
代表取締役 社長 柴原 毅

先輩の声interview

私の仕事

冷凍マグロの加工が自分の仕事です。冷凍マグロの加工では、お客さんのニーズに合わせて電動カッターでブロックにしたり、サク取りといった作業をしています。お客様に喜んでもらえるように、品質の良い製品を作れるよう、日々努力しています。

この仕事にまつわるエピソード

お客様のニーズに合った商品が加工をしていく中で再現できた時に、達成感を感じます。また日々の作業を通して先輩方からの指摘やアドバイスを受け、自分にない技術を身につける事が出来た時には、自信にも繋がっています。そして、自分が加工したマグロがお店に並び、それを購入してくださっているお客様や、飲食店でおいしそうにマグロを食べているお客様の姿を見ると、この仕事をやっていて良かったと思うとともに、日々の仕事にやりがいを感じています。

私がこの会社を選んだ理由

小さい頃によく水族館へ連れて行ってもらっていたため、魚に興味がありました。また、料理をする事が好きで、食品関係の仕事に就きたいと考えていました。その中で冷凍マグロの製品加工という仕事が自分のやりたい仕事に近く、冷凍マグロがどのように加工され、どのように流通されているのか興味があったため、この会社を選びました。

仕事内容について

冷凍マグロをホテル・飲食店等へ直接販売するための営業、お客様のニーズに合わせてカットしていく現場作業準備が私の仕事です。 現場での作業を効率よく進めるために、日々の備品の管理・補充、電動カッターの準備・管理を毎日欠かさずしています。まだ冷凍マグロを切る技術はありませんが、配達と宅急便の荷物の準備など裏方の作業をしながら、先輩に少しずつ教えてもらっています。安心安全で美味しいマグロをお客様に提供する為にまだ自分ができることは少ないですが一つ一つの仕事に誇りを持って、日々取り組んでいます。

仕事について

まず冷凍マグロの種類の多さや重量によって呼び方の違いなどがあり、とてもびっくりしました。また、冷凍マグロの知識を身に付けるために様々な経験をさせてもらっています。自分自身の積極性や会社の上司、部署の仲間たちとの協調性を養うことができたり、自身のスキルアップができたりと、とてもやりがいを感じています。様々な仕事をする中で、この会社に入って本当に良かったと思うことがあります。それは色々な種類のマグロの食べ比べができるところです。冷凍マグロが採れた漁場・漁期を学びながら、その漁場の良い時期に捕れたマグロを試食します。マグロの特徴・味がわかるようになるため、勉強の一つだとわかっていますが、試食する時が一番嬉しい時間です。

入社の理由

小さい頃からマグロを食べることが好きで、マグロに関わる仕事がしたいと思っていました。他にも水産会社はありましたが、八洲のマグロへの情熱やこだわりについて説明を受けた時、この会社に入りたいと思いました。入ったばかりで、右も左もわからない自分ですが、自分の良さである積極性を活かし、早く仕事を覚えて冷凍マグロを自分で切れるようになりたいです。

私の仕事

営業部の仕事以外を請け負っております。経理、総務、労務、庶務、人事と部署名で表記するとこのように多くなり名刺には載せきれないくらいです。何かあったら八木澤まで!!

この仕事の好きな所・エピソード

仕事の幅が広いので専門的に掘り下げることはできませんが、多くの知識を得られることがこの職について良かった点です。但し仕事幅が広いが故に、多くの電話や来客応対に追われてしまい自分の業務が後回しになってしまう等の苦労もあります。もしかしたら営業部よりも一日の電話回数や名刺交換枚数は多いのかもしれません。

この会社を選んだ理由

高校での進路検討中に就職課の先生から経理事務での求人紹介があったことがきっかけです。地元の企業で働けること、商業科で学んだ知識を生かせること等を踏まえ志望しました。まぐろ好きだったことも大きな要因だったと思います。今ではこの会社で働いていることに自信を持っています。

これが私の仕事

日本全国のお寿司屋さんや居酒屋、スーパー等に向けてマグロの加工や直接販売を主な仕事とする直販部という部署に所属しています。食品を直接、お客様に提供する部署なので衛生面の管理を徹底しています。また、私は静岡県の西部地方をメインに営業をしています。自分が提供した製品でお客様に喜んで頂ける様、目利きの勉強をしています。

この仕事の好きなところ

水揚げ→選別→加工→販売という工程でマグロがお客様のもとに届いています。 直販部ということで加工、販売の場面に関わることが多いのですが、お客様から直接「ありがとう」と言ってもらえる瞬間がこの部署で仕事をしていて一番嬉しい瞬間です。

私がこの仕事を選んだ理由

私は高校で野球部に所属していました。将来、何になりたいかなど考えておらずあっという間に就職活動の時期を迎えました。正直なところ、この会社で具体的に何をしたいかという目標もなく入社しました。それでも優しく分かるまで教えてもらえる環境なので知識が増えるたびに仕事のやりがいを日々、感じます。

これが私の仕事

私の仕事はお客様からの商品受注、伝票処理、請求書の作成など、主に営業のサポートがメインの仕事です。その他にも電話対応や来客対応など直接お客様にかかわる機会も多くあります。お客様と営業の間に立つこともある為、自社の業務に対し広い知識を持って対応できるよう心掛けています。

この仕事にまつわるエピソード

事務処理は似たような書類を作成する日々の繰り返しですが、顧客ごとのニーズに合わせた丁寧な対応や細かな気遣いがお客様からの評価に繋がります。また電話対応をする上で、社内の情報共有やチームワークを繋ぐ重要な役割であると感じています。 現在働いている事務員のほとんどは事務職未経験からのスタートですし、先輩が一から教えてくれる環境なので安心して業務を進められると思います。私も今年から先輩の立場となり後輩を指導していく中で、新しい見方や意見が生まれ、日々切磋琢磨しながら改善していく面白さを感じています。

会社を選んだ理由

商業高校を卒業後は就職の道に決めていました。地元静岡で就職先を探していた所、学校の紹介でお話しを伺える機会があり興味を持ったのがきっかけです。担当してくださった先輩社員さんの自信に満ちた表情や、誇らしげな顔が印象に残っています。面接時も学生である私の話にきちんと受け答えしてくださり、また社長自らユニークな冗談などで緊張をほぐしていただいたことから、とても暖かな社風を感じたのでこの会社に決めました。

これが私の仕事

関東エリアの量販店・飲食店等への直接販売が私の仕事です。基本的に午前中は事務作業や注文取り等を行い、午後には外回りの営業をします。外回りの営業では、新規の顧客の獲得はもちろんのこと、既存の顧客へのアフターフォローも行います。一言でマグロといっても品質や価格によって、様々な商品があります。丁寧なヒヤリングにより、顧客のニーズに合った製品をご提供できるよう、日々努めています。

だからこの仕事が好き!この仕事にまつわるエピソード

月並みですが、自分の販売したマグロに対して、お客様に満足して頂けたときや、それを提供されたお客様が「美味しい」と喜んでくれたとき、この仕事をしていてよかったと感じます。また、社員の積極性を重視してくれる社風も、有難く感じます。私は営業ですので、商品を販売することが仕事です。ですが、営業という仕事は、「水揚げ(仕入れ)」「選別」「加工(商品製造)」「営業」「出荷」という流れの一部です。他部署の仕事を言葉では理解できますが、「営業」の仕事をしているだけでは本当の意味での商品知識を付けることはできません。
当社では「経験したい」ことは部署に関係なく経験させてもらえるため、営業一人ひとりがマグロの専門家となり、自信をもって営業ができるのだと思います。

私がこの会社を選んだ理由

私は大学で、農業経済を専攻していました。そこでは、地方生産者(農家の人たち)がどのようにすれば自立して生計を立てることが出来るのかを考えていました。その中で私は「生産物の高付加価値化」ということをテーマに研究をしていました。農産物と水産物で分野は違いますが、同じ第一次産業であり、当社は生産者ではありませんが、生産者と一蓮托生です。生産者に近い当社なら、自分の学んだことが何かの役に立つのではないかと思い、入社しました。

これが私の仕事

清水港や焼津港で水揚げされる冷凍マグロを仕入する現場で働いています。作業内容は、水揚げされる冷凍マグロを魚種・サイズ別に仕分けしたり、脂の乗りや凍結がしっかりできているかを確認する仕事をしています。マグロとは難しいもので、獲れた時期や場所によって同じ種類のマグロでもまったく異なる価値になります。つまり、仕入の仕事では確かな目利きの技術が必要になります。経験の浅い私は、先輩方の選別する姿を見ながら日々勉強しています。

だからこの仕事が好き!この仕事にまつわるエピソード

水揚げの現場では、世界中の良い時期に獲れたさまざまな種類のマグロを見る事ができます。300㎏を超える大型の本マグロや、10kgしかないのに脂が凄く乗ったビンチョウマグロなどなど、良いマグロを見つけた時はテンションが上がります。「仕入れ」という重要な現場のメンバーの一員として働いている事を嬉しく思っています。

私がこの会社を選んだ理由

高校生の時に販売促進という授業を受けて、物を売る事に関する知識や楽しさを教わり、営業職に就きたいと思い、地元企業でマグロ販売をしていた八洲水産に就職しました。今は、仕入の仕事をしつつ目利きの腕を磨いていますが、自信を持ってマグロの選別ができるようになったら、お客様にマグロを直接お届けする営業職に挑戦したいと思います。

お問い合わせ